松本清張傑作選の表紙

By | 2013-04-10

新潮社さまから新潮文庫の新刊「松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション」の表紙の仕事を頂きました。

新潮文庫「松本清張傑作選表紙」

新潮文庫「松本清張傑作選表紙」

不思議な縁だなと思い、ブログに残しておこうと思った次第です。

私の実家は西武国分寺線の鷹の台駅に近く、その駅前に松明堂書店という小さな本屋さんがありました。実はこの本屋さんは松本清張の息子さんが経営されていたのです。

小学生の頃から社会人になるまで本屋へ行くと言えばまずこの松明堂というくらいの存在でした。

2011年に閉店してしまったのですが、色々思い出がある書店で、今回の仕事を頂いた際、なんとも感慨深いものがありました。今回使った写真は西武国分寺線ではありませんが、西武池袋線の線路の写真です。

残念ながら小説は殆ど読まないので、松本清張がどのくらい偉大なのか知る由もありませんが、表紙のゲラと見本誌は大切にしています。